去年11月に始まった「日本eスポーツリーグ」。このリーグ戦をきっかけに発足した6チームのプロゲーミングチームをご存じだろうか。 各々のチームは北海道、東京、名古屋、大阪、福岡の5都市のいずれかに拠点を持ち活動を行っている。 この6チームは2017年6月4日から開催される「日本eスポーツリーグ」の次節である夏季大会への出場が決まっている。

このチーム達がリーグに挑んでから約半年という月日が流れた。そこには様々なエピソードが埋まっていることだろう。 今回、SHIBUYA GAMEでは北海道を拠点として活動している「ナチュラルズ北海道」のharuno監督とOverwatch部門のGizzard選手へのインタビューを実施した。

このインタビューでは、チームスポーツの楽しさと難しさ、そして北海道という地域への思いなどを伺うことができた。

本稿では、SHIBUYA GAME様に掲載中のJeSL Interview SAMURAIの肖像 -Naturals北海道 前編-に引き続き、後編としてお送りする。

Text / mizuiro


“北海道という看板を背負ったeスポーツチーム”

――「北海道のeスポーツチーム」といった地域密着型のチームはプレイヤーにすんなり受け入れられましたか?

片桐正大

haruno最近までは北海道に住んでるオーバーウォッチプレイヤーであったとしても、特段注目度の高いチームではなかったと思います。しかし、最近はオーバーウォッチでも実績を積んできて、「あいつらなんかやってんな」みたいなところから北海道いじりに発展してくれたりとか、実力がついてきたことによって、反響が増えていることを実感しています。

Gizzardこの前のオーバーウォッチの大会で、自分たちが決勝トーナメントまで進んだ時に、普通のチームって、チーム名の略称で呼ばれると思います。うちのチームだけ「北海道」って言われるんです。そこがちょっとうれしいかなって。「ナチュラルズ強いな」って言われないで「北海道強いな」って言われるんです。

――「北海道」いいですね。そんなナチュラルズ北海道というチームは今後どのように成長していきますか?

harunoチームで言うと、強さも当然なんですけど、北海道のゲーミングに関わる面において、影響力の強いチームにしたいと思っています。たとえば、地域のイベントだったらナチュラルズに任そうとか、北海道で商品をPRする際にナチュラルズを使おうとか。
こういうふうに、東京にあるチームとは違う路線で、違う立地を活かして活動をしていきたいと思っています。当然、強い影響力を手に入れるためには、イベント運営面は僕が頑張って、チーム実績のほうはGizzardさんを中心に選手たちに頑張ってもらうっていうことが必要になってくるかと思います。
大会に出て、はい終わりっていうだけのチームではないですし、それをやるのであれば、そもそも北海道っていう地域を背負う意味もないと思ってます。

Gizzardやっぱり、eスポーツと言えば東京と北海道でしょ?って言われるようになれば最高ですよね。

haruno最高だね。

Gizzard今年で自分も26歳になるので、eスポーツプレイヤーとしての寿命が通り過ぎてる年齢になってしまいます。なのでイベントとかに力を入れていきたいなと思ってます。オーバーウォッチが自分のeスポーツプレイヤー人生の最後だと思って取り組んでます。

“2017 Summer シーズンに向けて”

――前シーズンの振り返り、感想などお願いします。

Gizzard負けが続くと、どんどんチームの士気も下がってきて、リーグ戦のときは特にそれが強くて。1戦目は調子がよかったんですけど、2戦目、3戦目の相手がインフィニティ大阪とサイクロプス大阪で実力的には負けてないところだったんですけど、そこに負けてしまって、どんどん落ち込んでいってしましました。前シーズンは実力を十分に出せなかったと感じています。

haruno前シーズンは胃が痛くなる思いで過ごしました。うちのチームって、0-3で負けるとかっていうことはほとんどなかったんですけど、1-2で負けちゃったりとかっていう点が多かったんです。1個勝ちにつながったのに、あと負け負けとか、チームとしてこれがなんで線につながらないんだろうっていう苦悩はすごくありました。 しかし前シーズンを糧に今の結果が出てきているのは事実です。短いスパンで競技シーンに参加できたからこそ、チームの課題が浮き彫りになってきました。それを最近行われているオンライン大会とかで結果が出てきているのかなと思います。

――次のシーズンへの意気込みもお願いします。

haruno前シーズンって結構色ものに見られてたと思うんです。「新規チームが集まってるけど、俺たちこいつらわかんねえよ」とか。今ってそうではなくて、サイクロプス大阪や東京ヴェルディなどいろんなところで活躍してるチームが再びリーグに帰ってくるので、今回のシーズンは選手のすばらしい動きが見れるんじゃないかと思います。なので、ナチュラルズもそこに負けないように優勝狙って、オーナーから回らない寿司をおごってもらおうと思います。2位以下だったら回る寿司らしいです(笑)

Gizzard前シーズンのオーバーウォッチ部門は不甲斐ない結果だったので、今回は1位を狙っていきたいと思います。


PROFILE

Gizzard

godfather

高校時代からeSportsを本格的に始めFPSを始め、大学時代はAlliance of Valiant Armsを意欲的にプレイ。 数々の大会に出場し、上位入賞、ランキング上位経験をした他、プレイヤーのみの枠に囚われず大会を主催。
eSportsを仕事にしたいという思いが強く、Overwatchの本格的なプレイを開始。 チーム内では戦闘中の指揮、新たな戦術の研究を行いチームの脳となっている。 北海道ハイテクノロジー専門学校でFPSの講義を行っている。

<大会実績>
●AVA
AVA RST 2  17~32位 Dランカー
AVA CST2013 ベスト8
●OW
2017年
OMEN CUP 30チーム中ベスト8進出
JCGMaster2016-2017 Winter 65チーム中ベスト8進出
2016年 
F4E WEEKDAY TORNAMENT 16チーム中ベスト4進出

@nr_gizzard

Question

初めてやったゲーム:『ウィロー』
苦手な食べ物:キウイ

haruno

godfather

StarCraft2をきっかけにeスポーツの世界を知りe-sports SQUAREのオープンスタッフとして勤務する。 選手としての活動を経て実況解説、大会主催とマルチに活動。2016年11月15日に監督・マネージャーに就任。  北海道ハイテクノロジー専門学校ではMOBAと大会運営の基礎を講義を行っている。

<キャスター実績>
e-sports JPNCUP/TokyoGameNight SC2部門/CSL/WCG日本予選/Vプリカトーナメント/TTe-sportsオンライントーナメント/サモナーズフェスティバル/e-sports学生選手権
<運営実績>
eスポーツ甲子園/SQUARE CHARONGE/春風大会

@haruno_sc

Question

初めてやったゲーム:『ドラゴンクエストⅤ』
苦手な食べ物:Gizzardさんがたまに作るしょっぱいやつ(基本的にはおいしいです)


eスポーツ情報を毎日お届けするニュースアプリ「ゲームBANBAN」をダウンロードして、インタビューの前編・後編をまとめ読みしちゃおう!試合結果も逃さず配信!ゲームBANBANはJeSLを応援しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL